さっぽろライラックまつりワインの種類は?イベントは?アクセスは?

さっぽろ時計台とライラックの花
北海道札幌市では長い冬の終わりを告げる「ライラック」の花が有名です。

ライラックの花が咲く時期に開催される「さっぽろライラックまつり」ではワインガーデンも開かれる大人が楽しめるイベントです。
5月の札幌市は過ごしやすい気候になるので、是非出かけてみて下さい。

ワインやアクセス情報をまとめてお伝えします。

スポンサードリンク

さっぽろライラックまつりのワインの種類は?

グラスに入った赤と白のワイン
2016年の詳細はまだ掲載されていなかったので、2015年のパンフレットから紹介したいと思います。

2015年の道産ワインが集結したワインガーデンでは76種類以上、限定販売を合わせ82種類ものワインを味わうことができたようです。

・おたるワイン
世界品質の自社畑ブランド「鶴沼 木樽熟成ヴァイスブルグンダー2011(白、重辛口)」や「鶴沼 木樽熟成ツヴァイゲルト2011(赤、フルボディ)」など。

・余市ワイナリー
6軒の契約農家の葡萄を使用した地ワイン「ケルナー シュール・リー(白、やや辛口)」や「樽熟ツヴァイゲルトレーベ(赤、フルボディ)など。

・千歳ワイナリー
余市・木村農園で契約栽培されたものを使用した「北ワイン ケルナー 2014(白、辛口)」や「北ワイン ピノノワール(赤、ミディアム)」など。

・月浦ワイナリー
自社農園の葡萄のみを使用した「ミュラートゥルガウ 2012(白、やや辛口)」や「ドルンフェルダー 樽熟成(赤、ミディアム)」など。

・ばんげい峠のワイナリー
原料にこだわり、酸化防止剤無添加で自然派のワインを醸造しており「山ぶどうワイン 北醇(赤、辛口)」や「山ソービニオン(赤、ノーブル)」など。

これらはほんの一部なので、会場でお気に入りのワインを見つけてみて下さいね。

スポンサードリンク

ワインの値段は一杯500円、800円の2種類あり、全てチケット制になっているので購入して下さい。
グラスもレンタル制で500円を払い、返却コーナーにグラスを持っていくと500円が戻ってくる仕組みです。

北海道の食材等を使用した料理など、ワインに合う品が数多く販売されているのでそちらもチェックしてみて下さい。
ワイン好きにはたまりませんね。

さっぽろライラックまつりイベント情報は?

ライラックの咲いている川下公園にある白いベンチ
ワインガーデンの会場にもなっている「大通公園」で昨年初開催をし、大盛況だった「札幌ラーメンショー2016」が開催決定したようです。
二幕制の12日間と去年よりも期間が長く、第一幕は5月17日~22日、第二幕は5月24日~29日に開催されます。
一杯800円で食べられるので、ラーメン好きの方には食べ比べができる良い機会です!

他にも春の野菜・花苗販売コーナーやライラック音楽祭、ライラックの販売・相談コーナーなど1日たっぷり楽しめるようになっています。

少し離れた場所にある「川下公園」も会場になっており、世界のライラックが200種・約1700本咲き誇る「ライラックの森」があります。芝生もあるようですし、のんびりとライラックを楽しみたい時には場所を変えてもいいかもしれませんね。

アクセス方法は?

大通公園会場
地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」下車すぐです。

大通公園西5丁目~7丁目と広い範囲が会場になっています。

川下公園会場
地下鉄東西線「白石」から、中央バス(白24川下線)で「川下公園前」下車徒歩1分。これが一番近いルートです。

開催期間中は公共交通機関も混雑するため、余裕を持って乗車するようにして下さいね。

まとめ

この時期は「リラ冷え」と呼ばれる北海道特有の寒さがあるそうです。
散策できる恰好に上着も忘れずにお出かけください。

スポンサードリンク
お役に立ちましたらランキングに応援クリックお願いします!!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA