一宮七夕祭り駐車場やシャトルバスは?お化け屋敷は?屋台は?

一宮七夕まつりの飾りつけの様子
夏になると全国でたくさんのお祭りが開催されます。

子どもさんも楽しみにしているのではないでしょうか?

今回は一宮市で毎年開催される「一宮七夕祭り」を紹介するので、是非ご家族で行ってみて下さい!

7月28日から31日まで、愛知県一宮市で開催されます。

有名な平塚、仙台の七夕祭りと並んで三大七夕まつりと言われ、130万人の人が訪れる盛大なお祭りです。

スポンサードリンク

一宮七夕祭り駐車場やシャトルバスは?

毎年七夕祭りの飾りつけ区域内では交通規制が行われており、混雑もしているので周辺は避けた方が良いかもしれません。

その代わりに、年々収容台数が減少していますが、無料駐車場が設けられているようです。

無料駐車場の場所からメイン会場までは少し距離があると思いますが、無料シャトルバスも運行されています。

現時点では今年の七夕祭りの詳細が公表されていなかったため、詳しい運行時間や無料駐車場の収容台数など過去のお祭りを参考に紹介します。

<駐車場・シャトルバス(前年の七夕祭りの情報)>
・駐車場
 無料駐車場の収容台数:約500台
 開放時間:13時から

・無料シャトルバス
区間:市民会館前~東一宮~市役所前
時間:15分間隔で、13時~22時まで

前年には七夕祭り史上初となる、ディズニーキャラクターのパレードが行われ、その時間帯だけ運行時刻の変更がありました。

今年もこのようなパレードがある場合には運行時刻の変更があると思うので、利用する際は気を付けて下さいね。

無料駐車場の収容台数がかなり減ってしまったので、駐車できない場合もあるかもしれません。

交通規制がどの場所でどう行われているか、大まかに把握できる場合は、有料駐車場もいくつかあるのでそちらに駐車する手もあります。

有料駐車場は名鉄一宮駅周辺とスポーツ文化センター付近にありました。

スポンサードリンク

有料駐車場も多くはないようなので、当日お祭りに向かう時間帯でどちらにするか決めてもいいですね。

一宮七夕祭りのお化け屋敷は?

七夕祭りでは様々なイベントが期間中毎日行われているので、子どもさんも飽きることなく家族で楽しめます。

イベントではありませんが、七夕祭りで有名になっているのが「お化け屋敷」。

いろいろと調べてみたところ「真清田神社」の境内にあるらしく、昭和にタイムスリップしたような昔ながらのお化け屋敷を体験できるようです。

今の時代を全く感じさせない手作り感や、スリルだけでなくちょっぴり笑いもあるらしいので、真相を知りたい方は是非行ってみては?

大人は幼少期を思い出し懐かしく感じ、子どもは古典的なお化け屋敷を体験できるいい機会だと思いますよ!

入場料は大人700円、子ども500円となっていましたが、変更もあるようなので参考までに。

一宮七夕祭りの屋台は?

屋台の通りを歩く浴衣姿の女性の後ろ姿
子どもさんだけでなく、大人も楽しみなのが屋台ですよね。

紹介した真清田神社の境内では、お化け屋敷以外に屋台も何軒か出ていました。

メインの通りとなる「本町アーケード街」に屋台が軒を連ねるので、屋台にはすぐに出会えると思います。

だいたい夕方からお店を開け始めるそうなので、早めに駐車場を確保し、行われるイベントを楽しみながら屋台を待つといいですね。

まとめ

一宮七夕祭りの時の真清田神社の境内
最近では期間中に行われるコスプレイベントも有名になっているようです。

子どもさんがアニメ好きでしたら、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
お役に立ちましたらランキングに応援クリックお願いします!!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA