蔵王温泉スキー場へのアクセスは?おすすめレストランは?お土産は?

蔵王温泉スキー場のロープウェイと樹氷
スキーシーズン到来です。

有名な蔵王温泉スキー場単独のスキー場としては最大の面積を誇ります。

春夏はブナ林の散策、美しい蔵王お釜、秋には山が赤黄色に染まりドッコ沼は鏡面の様に美しい風景を映します。

冬は豊富な積雪と樹氷で見る人を魅了します。

スキーだけじゃもったいない! 蔵王の美味しいお食事やお土産をご紹介します。

スポンサードリンク

蔵王温泉スキー場へのアクセスは?

蔵王温泉スキー場は山形県山形市蔵王温泉に位置します。

  • 車でのアクセス

山形自動車道「山形蔵王IC」を下りて国道13号で30分です。

「西蔵王高原ライン(有料道路)」が平成28年3月31日まで無料開放しています。

山形蔵王ICからのることが出来るのでお得に快適なドライブが楽しめるチャンスですね。

豊富なゲレンデ数を誇る蔵王温泉スキー場には、ゲレンデごとに駐車場が付随して作られています。

ですので、目的のゲレンデ(あるいはお店)の近くの駐車場をリサーチしておきましょう。

駐車したはいいけれど、目指したゲレンデ(お店)が遠かった・・・なんてことにならないように。

蔵王温泉周辺の観光地図は山形市観光協会のホームページが頼りになります!
http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/map/

蔵王温泉スキー場のおすすめレストランはどこ?

ジンギスカン鍋のアップ
蔵王にはたくさんの名物料理があります。

なかでもジンギスカンは蔵王発祥とも言われ、どのお店にしようか迷うほどたくさんあります。

スポンサードリンク

おすすめは「お食事処・お泊り処・お湯処 ろばた」です。

ラム肉は手切の為、厚みがあります。

タレは翌年に使う一年分をまとめてスタッフ全員で手作りし、半年間熟成させるこだわりです。

山菜はスタッフや山師が直接山で手摘みした物、自家農園の朝摘み高原野菜、お米も契約農家が生産した「はえぬき」を一年間玄米の状態で冷温保管しているとのこと。

地産地消の認定店ですので、食材へのこだわりが強いです。

新鮮かつ安心な素材でふるまわれる地元料理を堪能してみてはいかがですか?

お食事処・お泊り処・お湯処 ろばた
住所 山形県山形市 蔵王温泉川原42-5
電話番号 023-694-9565
お食事処営業時間 
(昼)11:00~15:00
(夜)17:00~22:00

蔵王温泉スキー場のお土産は?

さくらんぼジャムの塗られたトーストとさくらんぼ
超有名、超高級な山形のさくらんぼを贅沢に使った「さくらんぼジャム」がおすすめです。

ジャムって普通はペースト状が多いのですが、大粒のさくらんぼがそのまま粒粒状で瓶詰されて贅沢な気分です。

無添加無調整で甘さ控えめ、スプーンでそのままパクパク食べれてしまう美味しさです。

トーストとの相性もばっちりです。

お値段も500円くらいからありますので、お手頃ですよ。

瓶詰は賞味期限が長く保存も効くし、パッケージもおしゃれです。

年齢性別問わず、もらった方も山形を感じて喜んでもらえるのではと思います。

さくらんぼ丸ごと1個をゼリーに閉じ込めた「山形さくらんぼきらら」も山形土産の定番です。

まとめ

いかがですか?

スキーもお食事もお土産も楽しめる魅力あふれる蔵王温泉スキー場。

グルメもお土産もチェックできたところで、気を付けていってらっしゃい!!

スポンサードリンク
お役に立ちましたらランキングに応援クリックお願いします!!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA