湯島天神 梅まつり2016は?アクセスは?太鼓が人気?

湯島天神の社殿と白梅の様子
新東京100景に選ばれている湯島天神の梅を見たことがありますか?

梅の名所として人気のスポットになっていて、恋人たちのデートコースとしても申し分なし!

来年の梅まつりの日程はまだ発表されておりませんが毎年、2月上旬くらいに開催されているようです。

神社の境内に咲き誇る梅はとても風流で、とくに境内に咲く白い梅の花は「湯島の白梅」として有名で、これぞ日本という趣きがあります。

日本に住んでいる外国人の方々にもとても評判のいい観梅スポットです。

一度、足を運んでみませんか?

スポンサードリンク

湯島天神 梅まつり2016の開催情報は?

梅まつりで屋台が出ている湯島天神の参道の様子
学問の神様である菅原道真公を祀る湯島天満宮(湯島天神)は、毎年2月上旬から3月上旬にかけて梅が咲き誇ります。

毎年、見ごろを迎える時期に梅まつりが開催されます。

開催期間中の土・日・祝日はさまざまなイベントが執り行われます。

落語などの奉納演芸や、大きなまといを振りながら行進する「まといパレード」「神輿渡御(みこしとぎょ)」など、日本の文化に触れることができるものが数多く催されます。

最近の催しでは、ワンコイン(500円)で、茶道を体験できる野点(のだて)が普段日本の文化に触れる機会の少ない若い方や外国人の方に人気があるイベントです。

参道の両脇に並ぶ屋台も見逃せません。

食べるスペースも確保してあるので、ゆっくり休憩しながら梅の景色を楽しむことができますよ。

スポンサードリンク

湯島天神 梅まつりへのアクセスは?

湯島天神
住所:東京都文京区湯島3-30-1
交通(電車):東京メトロ湯島駅3番出口→徒歩3分。またはJR御徒町駅北口→徒歩8分
交通(車):首都高速上野出入口から都道452号経由1km5分
入園料:無料(宝物殿有料)
駐車場:有り・・・33台(20分200円)コインパーキング形式

もし、湯島天神まで車で行こうとするなら、コインパーキング形式の駐車場に停めることになりますが、すぐに満車になってしまい、駐車場待ちの列ができるので大変混雑します。

できるだけ公共交通機関を使っていくことをオススメします。

地図

湯島天神 梅まつりの太鼓が人気?

何といっても、イベントのメインは、女性メンバー中心で構成された湯島天神太鼓保存会「白梅太鼓」でしょう。

イベントのトリとして披露されます。

初めて白梅太鼓の演奏を聴いた人は、きっと新鮮な感動を味わうはずです。

この演奏を聴くと元気がもらえるので、毎年の演奏がたのしみだというファンも多いので、ぜひ、一度ご観覧してみてはいかがでしょうか?

きっと、日本の美しい伝統芸能を感じることができますよ。

まとめ

青空をバックに薄紅色の梅の花が咲いている様子
日本の伝統芸能や文化に触れたいならば、この梅まつりはとてもいいイベントです。

江戸時代から愛されてきた湯島天神の梅の香りに包まれて、日本を感じてみてはいかがでしょうか?

また、夜のライトアップされた梅も、昼間とは違った風情がありとても幻想的なので一度ご観覧してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
お役に立ちましたらランキングに応援クリックお願いします!!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA