十日町雪まつり2016開催情報は?アクセスは?みどころは何?

雪原に打ちあがる花火の様子
豪雪地帯である十日町で開催される「十日町雪まつり」会場はなんと町全体というから驚きですね。

そんな「十日町雪まつり」の来年のスケジュールはどうなっているのでしょうか?

少し早いですが、現時点での情報をお知らせしたいと思います。

スポンサードリンク

十日町雪まつり2016開催情報は?

2016年の十日町雪まつりは、平成28年2月19日(金)18:00~21日(日)16:00まで開催されます。

十日町雪まつりとは?

今から65年前の昭和25年2月4日に初めて開催された歴史のあるまつりです。

「雪を友とし、雪を楽しむ」という住民の思いから生まれたこの「十日町雪まつり」は3日間で30万人以上が集まるといわれています。

雪まつりのいえば、「さっぽろ雪まつり」が思い浮かびますが、実は雪まつりの発祥の地はこの新潟県十日町だと言われているのです。

十日町雪まつりへのアクセスは?

雪の中を走る北越急行の様子
十日町全体が会場となる十日町雪まつり。

市街地はもちろんのこと、山あいの集落などで、26か所の「おまつりひろば」が開設されます。

2016年第67回の詳細についてはまだ公式な発表はあっておりませんが決まり次第、十日町雪まつり実行委員会のHPでお知らせがあります。

公式HP
http://snowfes.jp/wp/

  • 雪まつりの開催期間中は交通規制があります。
  • 臨時駐車場も開設されますが、大変混雑するようですので、公共の交通機関で訪れるのがよさそうです。
十日町までのアクセスです。

・交通機関を使って
【東京から】
東京駅から上越新幹線越後湯沢駅乗換、ほくほく線で十日町駅 (約1時間50分)
【金沢から】 
北陸本線、ほくほく線経由で十日町駅 (約2時間10分)
【大阪から】 
北陸本線で金沢駅乗換、ほくほく線で十日町駅 (約4時間45分)

JR東日本 十日町駅 TEL 050-2016-1600
北越急行ほくほく線 十日町駅 TEL 025-752-0770

・車で

東京から【関越道利用】
 最寄ICは関越自動車道 六日町ICもしくは塩沢石打IC
 所要時間は約3時間

スポンサードリンク

名古屋から 【中央自動車道‐長野自動車道‐上信越自動車道利用】
 最寄ICは上信越自動車道 豊田飯山IC
 所要時間は約4時間

大阪から 【名神高速道‐北陸自動車道利用】
 最寄ICは北陸自動車道 上越IC
 所要時間は約6時間

新潟から【関越自動車道利用】
 最寄ICは関越自動車道 越後川口IC
 所要時間は約1時間40分

【最寄ICからの所要時間】

【関越道】
・六日町ICから国道253号…約30分
・塩沢石打ICから国道17号から県道大沢山トンネル経由し、県道76号…約30分
・越後川口ICから国道117号…約30分
※初めて来られる方は六日町ICもしくは越後川口ICのご利用をおすすめします。

【上信越自動車道】
・豊田飯山ICから国道117号…約1時間30分

【北陸自動車道】
・上越ICから国道253号…約1時間

地図

十日町雪まつりのゲストは?

毎年、カーニバルステージにゲストを呼んで盛り上がっているようです。

因みに2015年のゲストは、中村雅俊さん、8人組女性アイドルグループPASSPO、地元仙台のシンガーソング・エンターティナーの「HAZZIE」、ガールズ・メロディック・ラップ・デュオ「Hy4_4yh」の4組でした。

2016年は誰がゲストで登場するのでしょうか?楽しみですね。

十日町雪まつりは見どころがたくさんあります。

●雪の芸術作品

雪の芸術作品は、十日町雪まつりの原点です。

品は市内各地に点在しており、それぞれの地域で趣向を凝らした作品が制作されます。

来年の展示場所については詳細が決まり次第お知らせがあるようです。

●雪上カーニバル

ギネスブックにも掲載されたことがある雪の巨大ステージでミュージックライブや華麗なきものショーなど、さまざまなショーが開催されます。

なかでも鮮やかな雪花火が彩るフィナーレは圧巻です。

こちらも詳細が決まり次第お知らせがあります。

●おまつりひろば

雪国十日町ならではの素朴なおもてなしや、郷土料理、雪上茶席、巨大な雪の滑り台、雪上運動会などが楽しめるおまつりひろば。

26か所で開設され、遊んでよし!

食べてよし!どこも楽しさいっぱいです!

まとめ

雪だるまの周りにいる笑顔の大学生たち
「雪を友とし、雪を楽しむ」という言葉に象徴されるように、雪国に住む人々にとって、雪は切っても切り離せないものなのですね。

雪とともに生きることで、雪を楽しむ術を知っていたのかもしれませんね。

十日町雪まつりで、充分に雪を楽しんでみましょう。

スポンサードリンク
お役に立ちましたらランキングに応援クリックお願いします!!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA