こまどりスキー場に子供と行こう!レンタルやリフト、周辺情報をご紹介

寒くなってくると、ウィンタースポーツが楽しみになってきますよね。そろそろ準備を始めようとしている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、北海道最北端の稚内市にある【こまどりスキー場】について紹介したいと思います。

田舎の小さなスキー場なので、初めて訪れる場合は色々不安もあると思います。

そのため、少しでもその不安を取り除けるような内容にしたいと思いますので、少しの時間お付き合い下さい。

スポンサードリンク

こまどりスキー場は子供連れでも安心

稚内市のこまどりスキー場についてまとめたいと思います。

特に、初めて訪れる人や子連れで訪れたい人向けに紹介させて頂きますね。

稚内市こまどりスキー場
住所:北海道稚内市こまどり4丁目(緑・富岡環状線沿い)

アクセス:JR稚内駅から車で約10分 JR南稚内駅から車で約5分
駐車場:約200台の無料駐車場あり

〇開設期間…12月下旬~翌年3月中旬 ※積雪量の関係で前後する事あり
〇営業時間…スキーリフト営業時間は月曜~土曜10時~21時  日曜10時~17時
      ※17時~18時はリフト・ゲレンデ整備のため運転休止となります。

〇コース
・みはらしコース(向かって左側)…全長300m 最大斜度15度
・レフティモンスターコース…全長300m 最大斜度15度
・スノーファンタジーコース(中央ゲレンデ)…全長300m 最大斜度15度

※全てのコースが初心者、中級者向けとなっています

〇利用料金
・小学生未満の幼児の利用無料

・ペアリフト(1回券):高校生・一般:100円、小中学生:50円
・1日券(10:00~17:00):一般・高校生:1,000円、小中学生:500円
・回数券(11回券):高校生・一般:1,000円、小中学生:500円
・シーズン券:一般:12,000円、高校生:8,000円、小中学生:6,000円
・ナイター券(18:00~21:00):高校生・一般:600円、小中学生:300円
・ナイターシーズン券(18:00~21:00):一般6,000円、高校生:4,000円、小中学生:3,000円

お問い合わせ:稚内観光協会 0162-22-4564

こまどりスキー場のレンタルやリフトは?

稚内市のこまどりスキー場は、標高も低く初級・中級者向けのゲレンデです。

利用者の割合は、スキーとスノーボードでそれぞれ半々と言ったところでしょうか。

休憩やトイレ、軽食を食べる事ができるロッジはありますが、託児施設などはありませんので予めご了承下さい。

では、こまどりスキー場に関する質問をまとめておきますので、参考にして下さいね。

Q、レンタルはできる?

残念ながらこまどりスキー場ではスキーなどのレンタルは行っていません。

Q、ソリ遊びはできる?

ソリ遊びは可能ですが、貸し出しは行っていませんので各自持参して下さい。

Q、食事の持ち込みはできる?

ロッジでそばなどの軽食を販売していますが、食事の持ち込みも可能となっています。自動販売機の設置もありますので、是非ご利用下さい。

Q、トラブルがあった場合などメンテナンスできるショップは近くにある?

稚内市では市内にある【Seamore(シーモア)】というショップで、メンテナンスはもちろん、スキーやスノボの販売も行っていますので、お困りの際は是非ご相談下さい。
スノボ教室も開催しています。

Q、小さい子供を連れて行きたいけど大丈夫?

初心者向けのスキー場なので小学生以下のお子様でも安心して利用できますが、授乳室やオムツ交換台などの専用設備はありませんので予めご了承下さい。

いかがでしたか?よくある質問をまとめてみました。

私もこのスキー場を利用した事があるんですが、田舎ならではなのかリフトに初めて乗る子供がいる場合に、リフトに乗る際に係員に伝えるとリフトのスピードを遅くしてくれますし、降りる際も係員が出てきて支えてくれるなどのサポートがありました。
初めて利用する場合は伝えてみて下さいね。


スポンサードリンク

稚内市のこまどりスキー場周辺情報

ウィンタースポーツは楽しいですが、どうしても身体が冷えてしまいますよね。

そんな時にオススメしたいスポットとグルメを、少し紹介したいと思います。

温泉

稚内温泉「童夢」
こまどりスキー場からは少し離れていますが、地元民に愛される温泉施設です。

宿泊はできませんが、のんびり休憩できるスペースや食事ができるレストランが入っています。

住所 北海道稚内市富士見4丁目1487番

稚内副港市場
副港市場の中に温泉があります。食事ができるレストランや休憩スペースも温泉内にあります。

JR稚内駅にほど近いので、利用しやすいかと思います。

住所 北海道稚内市港1丁目6-28

食事

大衆居食酒屋「こうや」
地元民に人気のお店で、看板メニューは「もつ鍋」です。醤油、塩、味噌、チゲの4種から選択できボリュームも満点です。〆はご飯や麺など、お好みに合わせて作る事ができます。

店内は広くありませんが、常に混んでいるイメージなので予約してから行く方が良いと思います。

居酒屋さんですが、アットホームな雰囲気で小さなお子様連れでも大丈夫です。

住所 北海道稚内市大黒2-2-27

稚内グランドホテル
宿泊はもちろんランチやディナーの利用もOKなので、小さいお子様がいても安心して利用できるのではないでしょうか。

ホテル内の温泉も、日帰り利用できるのでオススメです。

住所 北海道稚内市大黒2丁目13-1

まとめ

こまどりスキー場は、子供連れでも気軽に訪れることができるスキー場です。

料金も安いですし、お子さんのスキーデビューにも最適ですよ。

家族連れでにぎわうファミリーのためのスキー場ですから、子供連れで気兼ねなくお出かけくださいね。

スポンサードリンク
お役に立ちましたらランキングに応援クリックお願いします!!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA