北見菊まつりの見どころや駐車場は?北見ハロウィンフェスティバルにも行ってみよう


今回は、今年で66回目を迎える歴史ある北海道北見市の【北見菊まつり】についてご紹介したいと思います。

菊まつりは全国各地で開催されている催しですが、北見で開催される菊まつりは「道内最大級」と言われているので、規模は期待できるかと思います。

開催期間やその他イベントについてもまとめますので、訪れる際の参考にして下さいね。

北見菊まつりとは?

北見菊まつりとは、今年で66回目を迎える歴史ある菊の祭典です。

毎年違うテーマに沿った菊の花の展示を見る事ができるのはもちろん、ここでしか見る事ができない激レアな菊の花も見る事ができます。

菊まつりと聞いただけだと、お年寄りに向けたイベントと思う方もいるかもしれませんが、この北見菊まつりは見るだけでなく食べて参加して楽しむ事ができるように「北見物産まつり」も同時開催されますし、イベント後半にはハロウィンイベントも企画されています。

それでは、菊まつりの開催概要について載せておきますね。

北見菊まつり開催概要と見どころ・駐車場について

北見菊まつり
開催日:2018年10月19日(金)~10月28日(日) 
    20日(土)、21日(日)にはステージイベントも開催されます
開催時間:全日10時~16時まで
開催場所:北見芸術文化ホール前 北見駅南多目的広場
     みんとロード(中央プロムナード)
入場料:無料

アクセス:JR北見駅から徒歩2分
駐車場:約400台分の無料駐車場あり
    ※時間帯などによっては混雑する可能性もあり、公共交通機関を利用しましょう
2017年度の来場者数:期間中約3万5千人

<問い合わせ>
きたみ菊まつり実行委員会事務局(北見市役所 観光振興課内)
0157-25-1244
  • 見どころ
約1万5千鉢もの菊花が展示される会場に入ると、大菊や小菊管物、菊盆栽をはじめ、皇室の菊としても知られる珍しい「一文字の菊」など、北見市民らが丹精込めて育てた多種多彩の菊を見る事ができるようになっています。

特に人気なのは毎年恒例となっている「菊人形展」で、NHK大河ドラマを題材にした華やかな時代絵巻が菊の衣装で再現されます。

他にも菊花コンクール展や菊花展なども行われますので、ただ見るだけでなくどの菊が賞を取りそうなのか予想しながら見るのも楽しいですね。

同時開催の北見物産まつりについて

同じ会場内で開催される北見物産まつりでは、北見を代表する特産品や名産品が並び、フードコーナーも充実しています。

フードコーナーでは、多分ここでしか食べる事ができない菊の花の天ぷらが乗った「菊花天丼」が味わえますので、是非ご賞味下さい!


第3回オホーツク北見ハロウィンフェスティバル

菊まつりの会場の横で、ハロウィンイベントが開催されます。

2018年で3回目となる「オホーツク北見ハロウィンフェスティバル」について、「行ってみたいけどどんなイベントなんだろう」と気になっている人も多いと思ったので、詳細をまとめておきたいと思います。

オホーツク北見ハロウィンフェスティバル
開催日:2018年10月25日(木)、27日(土)~28日(日)
開催時間:各日10時~16時まで
開催場所:きたみ菊まつり会場横

イベント内容:
・かぼちゃランタン作り体験(1回500円)
・ジャイアントかぼちゃ重量当て
・ハロウィン市場…地元野菜やグッズ販売、ハロウィン縁日、宝探しゲームなど
・ハロウィン仮装パレード、仮装コンテスト

会場は大小様々なかぼちゃがお出迎えしてくれて、SNS映えする写真撮影スポットもたくさんあります。小さなお子様連れでも楽しめるイベントとなっていますので、是非仮装して会場へお越し下さい!

屋外で開催されるイベントとなりますので、天気が良くても万が一に備えて防寒対策はしっかりしてきて下さいね。

まとめ

駐車場を探している人が多いようですが、会場のそばに400台が無料で用意されます。

キャパはありますが日にちや時間帯によっては混雑することもあるようですので、電車やバスで行くことも検討しましょう。

会場は駅のそばですので交通の便はよいですよ。

お役に立ちましたらランキングに応援クリックお願いします!!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA