しものせき海峡まつりのアクセス方法は?宿泊情報は?観光は?

しものせき海峡まつりの船合戦の様子
今年最初の長いお休みといえばGWです。
お母さん達は家計をやりくりして、旅費を貯めている最中でしょうか?
最近では日帰りや県内で支出を抑える傾向にあるようですが、皆さんのプランはどうですか?
今回は県外へ家族旅行に行かれる方に「しものせき海峡まつり」を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

しものせき海峡まつりのアクセス方法は?

しものせき海峡まつり会場の一つである赤間神宮
マイカーで会場まで行きたいところですが、見知らぬ土地で渋滞には巻き込まれたくないですよね。
しものせき海峡まつりではバスの運行する路線にメイン会場があったり、催し物がされるのでバスがとても便利ですよ。

交通の便に便利な下関駅からのアクセスは、バスターミナルの1、2、3、4番のりばのバスに乗ればメイン会場に行くことができます。
メイン会場へは、バス停「赤間神宮前」下車すぐで着きます。

調べてみると下関駅から赤間神宮前までの運賃は片道230円ですが、割引きっぷというものがありました。
「しものせき観光1日フリー乗車券」という、利用可能範囲は限られていますが720円で乗り放題のお得な乗車券です。
丁度催し物がある場所からメイン会場までこの乗車券が使えるので、他にも観光がしたいという方にはぴったりの乗車券ですね。
こちらは下関駅前切符売り場などで購入することができるので、利用してみてはいかがでしょうか?
詳しくは「サンデン交通株式会社」で調べてみて下さいね!

スポンサードリンク

しものせき海峡まつりの宿泊情報は?

海峡ビューしものせき
関門海峡を全室から一望できる、下関市営国民宿舎です。
カフェやレストラン、ショップなどがあり無料駐車場も完備しています。
和室洋室と選べて1泊2食付き8500円~と料金もそこまで高くありません。

中国自動車道「下関IC」から2.5km程の約5分で到着し、アクセスもしやすいですね。
まつりが終わって宿に帰る際も、下関駅から海峡ビューしものせき着のバスが出ているのでとても便利です。

金楽旅館
もう1ヶ所は下関市役所の目の前にある、家族経営の小さな宿です。
女将さんの人柄や家庭料理など、旅先でも実家に帰ったような安心感があるそうです。

料金も下関市内最安でGWだと、1泊2食付き6000円~で宿泊できます。
無料駐車場も4台あり、下関ICから約5分で着くようなのでこちらも便利ですね。

しものせき海峡まつりの観光スポットは?

遊歩道がある常盤公園の園内の様子
まつりが行われている周辺には「海響館」や「海峡メッセ下関」、アミューズメント施設の「はい!からっと横丁」など楽しめるスポットがたくさんあります。
ですが、まつりの期間中は周辺も混雑し、このようなスポットも混雑するのではないかと思います。

下関ICから約40分の場所にある「ときわ公園」は遊園地や動物園があり、彫刻や四季の花々を見ることもできる総合公園です。
園内にある「ときわレストハウス」にはレストランやカフェ、売店もあり、常盤湖畔を見下ろせるロケーションに立地しているそうです。
駐車料金が普通車1日200円~500円かかるそうですが、入園料が無料なのでとても助かりますよね。
家族みんなで楽しめるので、観光スポットの候補にいれてはどうでしょうか?

まとめ

しものせき海峡まつりではグルメ屋台も出ており、数量限定のものもあるようですよ。
今年の正式なパンフレットなどはまだ掲載されていなかったので、開催日が近づいてきたら下関市の公式HPなどもチェックして下さいね!

スポンサードリンク
お役に立ちましたらランキングに応援クリックお願いします!!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA