千鳥ヶ淵でお花見のボートに乗るには?アクセスは?周辺情報は?

千鳥ヶ淵に浮かぶボートと満開の桜
徐々に春の陽気になり、学生の皆さんはもうすぐ春休みに入りますね。

お休みの期間何をしようかと考えているのではないでしょうか?

家族で遠出をしたり、友達と何処かへ遊びに行ったり、恋人とデートを重ねたり…。

春と言えば桜の季節なのでお花見もデートにぴったりです。

今回は東京都「千鳥ヶ淵」でのお花見デート情報を紹介していきます。

スポンサードリンク

千鳥ヶ淵でお花見のボートに乗るには?

千鳥ヶ淵の満開の桜の下でボートに乗る様子
現地に到着したらまず向かってもらいたいのが「千鳥ヶ淵ボート乗り場」。

さくらまつり期間中にはとても混み合い、1時間~2時間待ちは当たり前のようです。

ボート乗り場へ行くには緑道を歩いていくと辿り着きます。

付近に案内の看板が出ているようなので、道のりが不安ならば探してみて下さい。

さくらまつり期間中の3月25日~4月3日まで、9時30分~20時(乗船券の販売は19時30分まで)までボートに乗ることができます。

乗船料は30分800円となっています。

この期間は通常期より営業時間を延長し、夜桜もボートに乗って水上から楽しめるそうですよ。

昼間の華やかな水上花見と夜間の幻想的な水上花見、どちらも体験してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

千鳥ヶ淵へのアクセスは?

  • 東京メトロを利用する場合
  • 東西線・半蔵門線・都営新宿線九段下駅から徒歩約5分。

    半蔵門線半蔵門駅から徒歩約5分で着くそうです。

    毎年期間限定で無料シャトルバス「さくら祭り号」が運行しているらしいので、日にちが合えば利用するのもアリですね。

  • 都営バスを利用する場合
  • 地図で見たところ、「九段上」バス乗り場で下車をするとボート乗り場に一番近そうでした。

    「高田馬場駅前」から系統は高71で路線は1本で運行しています。

    こちらも千鳥ヶ淵から近い「半蔵門」バス乗り場には「四ツ谷駅」から系統は都03で、「新宿駅西口」から系統は宿75で路線は5本あります。

公共交通機関の利用は混み具合によって変更して下さいね。

千鳥ヶ淵での周辺情報は?

ピザをメインにしたイタリアンのランチ
千鳥ヶ淵周辺には、カフェやショッピングが出来る場所はあまりありませんでした。

桜を満喫したら公共交通機関を利用して移動した方が良さそうです。

「市ヶ谷駅」から徒歩約3分の場所には、「GEMS市ヶ谷」という食の塔があるそうです。

1階にはイタリアミラノから日本初上陸のカフェ「lucaffe」があります。

コーヒーはもちろんピザも美味しいらしく、ランチもしていますよ。

他にもフレンチやタイ料理、焼き肉や和食など様々なジャンルの食が集結しています。

千鳥ヶ淵から歩いても約15分の場所なので、ランチを済ませてから散歩がてらボート乗り場に向かうのも良いでしょう。

まとめ

ボートからの水上花見が出来る場所はそう多くはありません。

春の陽気と自然を感じながら素敵な1日にして下さいね!

スポンサードリンク
お役に立ちましたらランキングに応援クリックお願いします!!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA